Maybe Tomorrow
神戸在住。30代独身女が思ったことや食べたものの紹介等綴っています☆
プロフィール

makky121

Author:makky121
神戸在住
行動範囲は市内は西区~中央区あたり
明石・三木・小野・三田~福知山
ぐらいまでは圏内
美味しいものときれいなものが好き。

美味しいものと観た映画の感想と
たまに独り言を書き綴っております。
不定期更新。

ブログから何かを感じていただけたら、
相互リンクも大歓迎!よろしくお願い
いたします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酒井家のしあわせ
今週いっぱいの上映とのことで行ってきました。
ユースケが嫌いではないのと、山崎まさよしが音楽担当ということが要因です。

舞台は三重県伊賀市。
酒井家はどこにでもある普通の一家。
友近はユースケと再婚し、腹違いの娘光ができるが、
次雄(森田直幸)は前夫の連れ子で、
次雄と光は父親違いの兄妹という複雑な関係。

突然ユースケが好きな人ができたといって家を出て行ってしまう。
実はそれは嘘で、本当は不治の病でもう長くはないための入院とのこと。
それを知った次雄は母を説得するが…

友近はドラマとかで見たことあったけど、演技には正直期待はできない
と思っていました。
しかしながら、関西弁ということもあったのか?
普通のおかあちゃんの演技をいい感じにこなしていた。
息子の友人母役の濱田マリとのかけあいや、息子役の森田直幸との
からみは見事でした。
森田君も天才子役と称されるだけあって、すごい存在感でした。
この子にスクリーンは釘付けになりました。

映画で見るほどでもの話ではないかもしれないけど、ほっこりするには
良いと思います。まさやんの音楽も和みました。

酒井家のしあわせ(公式サイト)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://makky121.blog68.fc2.com/tb.php/38-af831c9b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。